妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

糖尿病専門施設と薬では、糖尿病がよくならないことがわかります

糖尿病専門施設と薬では、糖尿病がよくならないことがわかります

『壮快』8月号、ぜひ、ご一読を。
II型糖尿病だった私、宗田哲男の体験談の他にも、「II型糖尿病で、HbA1cが15点台から5点台に改善した女性」や森永卓郎さんの体験記も掲載されています。

森永卓郎さんは重度の糖尿病で失明寸前でした。
HbA1c11.4%、血糖値600mg/dlだったところからの体験記です。

当時の食生活は、1日5食、炭水化物中心で、砂糖たっぷりの炭酸飲料を1日5リットル飲んでいたそうです。

何年も、糖尿病専門病院で治療をしていてインスリンを打ち、両手に余るほどの薬を飲んでもHbA1cha 9.4% 血糖値は300-400mg/dlから下がらず眼底出血跡もあって、医師からはもうすぐ失明といわれたそうです。

昨年11月からテレビの企画に参加して、ダイエットを開始。
米、パン、麺類、スィーツなどの糖質を一切やめて1日糖質摂取量を5g以下に減らしました。

すると4か月で体重は20キロ落ちて69.5Kgになり、HbA1cは5.8%になりました。いまは眼底出血の跡まできれいになったそうです。 この間に、薬はすべてやめたそうです。

糖尿病専門施設と薬では、糖尿病がよくならないことが、わかりますね。

1699a705f3372ef5afc7

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 386465総訪問者数:
  • 344今日の訪問者数:
  • 426昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.