妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

びっくり!!日本糖尿病学会理事長「糖質制限には反対ではない、糖質量40%の緩やかな糖質制限は推奨できる。」

びっくり!!

日本糖尿病学会理事長が、個人、一人の糖尿病専門医として語ると、

「糖質制限には反対ではない、糖質量40%の緩やかな糖質制限は推奨できる。
糖尿病の治療食としてだけでなく、健常者の減量法としても短期間で高い効果を期待できる。東大病院も15年4月より糖質40%のメニューを提供している。」

というのである。

2008年から続けている糖尿病学会理事長が、学会では持論を発言できないというのか?

「ただ妊婦の場合も、胎児にブドウ糖が行かなくなる。すると胎児のインスリン分泌が刺激されず、発育が促されないままに低体重になったり、将来糖尿病になったりという危険がある。」という私から見たら、滑稽な説明には、驚くばかりである。

糖質制限をすると、その子が生まれた後、糖尿病になる危険があるというのだ。今のたくさんの糖尿病患者は、今までの食事で生まれているのですよ。

ただ、もう糖質制限の流れには逆らえないという先を読んだ、

「なし崩し宣言」に読み取れる。

今60%の糖質量で指導されている方が、40%になっただけでも大幅に改善して、薬もいらなくなる割合が増える。

一刻も早く、学会のガイドラインを変えてほしいものである。

safe_imagesafe_image (1)
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3852.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 385748総訪問者数:
  • 53今日の訪問者数:
  • 505昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.