妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

妊娠糖尿病はインスリン抵抗性が増して、インスリンが出ているのに効果がない病態です。

妊娠糖尿病はインスリン抵抗性が増して、インスリンが出ているのに効果がない病態です。このインスリン抵抗性を治療するのに、お米を食べさせて、さらに6回の分食にして間食を増やして、インスリンを打ちます。効くわけないし、どんどん太ります。
「インスリン抵抗性とはこのような状況で、繰り返される食事によってインスリンレベルが下がっている時間が高い時間に比べあまりに短くなったために、インスリンが効きにくく、さらにインスリンの分泌が必要になって悪循環が起きている状態です。
このインスリン抵抗性を治療するためには、インスリンの分泌されない時間をとることがとても大事。そしてほとんどの食事がインスリンの分泌刺激になりますから、間食をしないということと、食事の回数はとても重要です。」

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 394023総訪問者数:
  • 288今日の訪問者数:
  • 236昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.