妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

耐糖能異常とインスリン抵抗性について(1)

今の甘いものは、もともと自然界にはなかったもの。

そのような甘いものをだけを食べ続ける動物は自然界にはいない。

ヒトでは、スィーツがブームだけれど、人はなぜ、甘さ中毒になってしまったのか?

長尾先生のFacebook投稿をご紹介します。長尾先生ありがとうございます。

・・・当時、砂糖業界は砂糖の過剰消費が糖尿病を引き起こすという批判を何とかかわしたいと考えていました。そこで砂糖業界は資金を出し合って基金(国際砂糖研究基金ISRF)を作りました。砂糖を擁護する研究を行う研究者に資金を提供し始めたのです。

20世紀初頭、アメリカで糖尿病の権威とされたのは、エリオット・ジョスリンでした。彼は世界で最初の糖尿病の専門書「ジョスリン糖尿病学」を編纂した人です。ISRFは彼に研究資金を提供するようになりました。また、同時代にイギリスで糖尿病の権威とされていた、ハロルド・ヒムスワースにもまた、資金を提供するようになりました。・・

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 403795総訪問者数:
  • 71今日の訪問者数:
  • 267昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.