妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

低T3症候群は、本当の甲状腺機能低下症ではありません。

かなり、誤解されているようですが、低T3症候群は、本当の甲状腺機能低下症ではありません。

糖質制限で、起こることではなく、カロリー制限を混同して行った場合におこります。

『 T3が低値で、T4、TSHとも正常な病態は「Low T3 syndrome」と呼ばれます。

これは、代謝を低下させてエネルギー消費を抑えるための生体反応と考えられています。

甲状腺が悪いのではないので、TSHは上昇していません。

ですから「甲状腺機能低下」という言葉は適切ではなく、疲労感が出るほど悪

い状態の糖尿病では、上述のようにエネルギー消費を抑えるために「T3を低く

抑えている状態」と言えると思います。』

『 たとえば、スーパー糖質制限食を実践して、ヘロヘロになったり、筋力が落ちたり、髪の毛が抜けたりといった症状を訴える方々が、たまにおられます。

これは糖質制限食のせいではなく、同時に、カロリー制限をして、脂質も制限して、結果として摂取エネルギーが低過ぎたために生じる症状です。

この時、血液検査をしてT3が低いと、甲状腺機能低下症と誤診する可能性があります。

しかしこれは「Low T3 syndrome(低T3症候群)」であり、本当の甲状腺機能低下症ではありません。

摂取エネルギーを標準まで増やせば、症状も改善してT3も改善します。』


引用:ドクター江部の糖尿病徒然日記

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 484527総訪問者数:
  • 76今日の訪問者数:
  • 166昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.