妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

エビデンスなき「糖質制限」論争は意味がない

エビデンスなき「糖質制限」論争は意味がない
「科学的」かつ「医学的」な正しさが求められる

「糖質制限で増えるケトン体は人体に危険」という認識は、現在の研究ではその認識はほぼ否定され、逆に「ケトン体の値が高いと心臓・腎臓・脳に対する保護作用がある」と示唆するエビデンスレベルの高い研究が発表されています。

さらに、「糖質制限で認知症のリスクが高まる」というエビデンスはありませんが、逆に白米を多く食べる人(高糖質食)に認知症が多いという有名な「久山町研究」の報告があります。

また、糖質制限によってインスリンの分泌が減るとアルツハイマー病を起こす可能性があるという主張もエビデンスはありません。また逆に、「インスリン過剰が、認知症の一つであるアルツハイマー病の大きなリスクとなる」と結論づける有力なエビデンスが複数あります。

1999年に医学雑誌『神経学』の「ロッテルダム研究」によれば、高齢者糖尿病におけるアルツハイマー病の危険度は、糖尿病でない高齢者に比べて1.9倍であり、インスリン使用中の糖尿病患者では危険度は実に4.3倍と増加します。

糖質制限でインスリンを減らせれば、アルツハイマー病の危険度を減らせるわけです。

【東洋経済オンライン】https://toyokeizai.net/articles/-/215987

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 503520総訪問者数:
  • 42今日の訪問者数:
  • 135昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.