妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

決められない、日本糖尿病学会!

決められない、日本糖尿病学会!

従来の設定カロリーは低すぎたって!

カロリー制限を唯一無二の食事法で、糖尿病を管理してきたのが、根幹が、間違っていたらどうやって血糖管理できるというのでしょう!

私は、血糖値とカロリーは関係ないと思います。
血糖値をあげるのは、糖質量です。

それでもカロリーを下げろと言い続けてきた学会が、
目標のカロリーが、低すぎたって。
高齢者は、蛋白質をとれって。
日本糖尿病学会は、迷走中です。

62回 日本糖尿病学会 年次学術集会 が、2019/5/23(木)~5/25(土)まで、仙台で開催されました。

食事療法に関するシンポジウムの様子を江部先生ブログしらねのぞるばさんの記事から紹介します。

  • – 従来過少であった設定カロリーは見直す.
  • – 年齢・性別を問わず,BMI=22を一律に標準体重としていたのを見直す.
  • – 高齢者のフレイル・サルコペニア対策として,蛋白質摂取を奨励する.
  • [食事療法を糖尿病患者一律に規定するのはもはや不可能]
  • [個別化が必須]
  • [いわゆる標準体重の見直し]
  • [従来の適正カロリーは過少すぎた]
  • [高齢者のサルコペニア防止にむけて]
  • [改訂案の具体例]
  • [消費カロリーの正確な測定]
  • [日常活動レベルと消費カロリー実測値との関係]
  • [過度なカロリー制限は肥満解消には逆効果]
  • [食品交換表の 1単位=80kcalは現状に合っていない]

まあ、間違いだらけだったのですね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 637147総訪問者数:
  • 422今日の訪問者数:
  • 290昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.