妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

糖質制限食による死亡リスクの記事について

いったいどこにそんな人間がいるのか。

週刊ポスト2019年11月8・15日号の記事である。

《25年間、食事に占める炭水化物の割合が3割以下の人は最も死亡率が高い》

2012年に米国、ギリシャ、スウェーデンなどの研究チームが行なった、4万人超対象の15年間の追跡調査では、『炭水化物を20グラム減らしたうえでたんぱく質を増やす場合、たんぱく質が5グラム増えるごとに心筋梗塞と脳卒中を合わせた発病率が5%ずつ高まる』という結果が出ました』

🤔毎日5gのたんぱく質をチェックするって人がどんだけいるの?。

この記事の元になったと思われる国立国際医療研究センターが2013年に発表した、海外の糖質制限食に関する長期研究の解析結果は、こちらでご覧頂けます。http://www.ri.ncgm.go.jp/research/publish/20130204.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 658760総訪問者数:
  • 190今日の訪問者数:
  • 361昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.