妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

ケトン体が人類を救う

『ケトン体が人類を救う-糖質制限でなぜ健康になるのか』うれしいコメントをいただきました!

『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』 読後、すぐにケトンダイエットを試してくださった方から、ありがたいコメントをいただきました! 自分史上最高に元気です! ケトンダイエット20日経過。おばちゃんの着ぐる …

尿もれ、腰痛が軽減。痛み止めもやめました。ケトン体で生きることの魅力を実感

【尿もれ、腰痛が軽減。痛み止めもやめました。ケトン体で生きることの魅力を実感】 拙著『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』を読んで、ケトンダイエットを実施してくださった70歳の女性からうれしいFAXが届き …

妊娠糖尿病とは、どんな病気なのか

【妊娠糖尿病とは、どんな病気なのか】 妊娠中にのみ糖尿病を発症する「妊娠糖尿病」。 今の日本では、毎年100万人の赤ちゃんが生まれるわけですが、「妊娠糖尿病」が発見される方が12%もいるのです。 12万人ですから毎月1万 …

「高血糖の記憶」高雄病院理事長・江部康二先生が大変興味深いお話をされています。

高雄病院理事長・江部康二先生が大変興味深いお話をされています。 「高血糖の記憶」 「すなわち、糖尿人において数年間以上血糖コントロールが不良であれば、血管の内皮に悪影響が出て、動脈硬化が生じます。 例えば、心臓の血管(冠 …

妊娠糖尿病だからと、出産をあきらめないでください。

先日、糖尿病で長年治療をしている方が受診されました。 昨年、妊娠されたのですが、血糖値の管理が厳しいということで中絶をすすめられて、あきらめたそうです。 こんな悲しいことはありません。 拙著「ケトン体が人類を救う」の中に …

妊娠糖尿病を諦めない!

妊娠糖尿病で苦しんでいる妊婦さんとそのお腹の子を救いたい! これは、妊娠糖尿病を発症された妊婦さんは、妊娠の継続・出産をあきらめるように医師から言われることがあるからです。 初期に重症の糖尿病であると、管理が困難となった …

毎日新聞『朝食抜き 脳卒中リスク高まる がんセンターなど確認』

毎日新聞『朝食抜き 脳卒中リスク高まる がんセンターなど確認』 http://mainichi.jp/articles/20160205/k00/00e/040/199000c この記事に対する私の意見です。 医学を統計 …

壱岐日々新聞 書評「ケトン体が人類を救う」

長崎の壱岐日々新聞さんがすごい書評記事を掲載してくれました。 実に紙面の大半を使っての力作です。ありがとうございます。 抜粋ご紹介します。  ほやほやの新刊だが発売と同時にアマゾンで発売首位となった超話題の本である。 産 …

今日のTBSテレビ、ゴゴスマ【MEC食でダイエット】

今日のTBSテレビ、ゴゴスマ【MEC食でダイエット】 妊婦にもおすすめの様子をエジプトでテレビを見ていた関口麻美子氏がレポートしてくれました。 ありがとうございます。

1月24日『信濃毎日新聞』・書評「かばんに一冊」

1月24日『信濃毎日新聞』14面・書評「かばんに一冊」で拙著『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』をご紹介いただきました。 ありがとうございます!

« 1 29 30 31 34 »

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 534291総訪問者数:
  • 40今日の訪問者数:
  • 470昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.