妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

胎児・乳児は「ケトン体」の中で育つ。

胎児・乳児は「ケトン体」の中で育つ。
相変わらず、調べもしないでケトン体が危険だと騒ぐ医師たち。
気の毒な妊婦さん,しかもカロリーは、いくら下げても血糖値は糖質量で決まるのですから、無駄です。妊娠中は糖質がいらないのです。

『7月出産予定の糖尿妊婦の娘が、この間の里帰り検診で「プラス3のケトン体が出てるので赤ちゃんが危ない」という理由で、こちらの大学病院に教育入院させられてます。

1400キロカロリー食+各2単位×3回の捕食の計6回の分食で、結構な量の炭水化物を食べさせられ、食事も見張られ、インスリンも見張られながら決められた単位を打ってます。

糖尿発覚後、自宅で糖質制限をしてた時は、一番上がる朝で6単位をほど打ってたのが、入院してパン+果物の朝食で、昨日はノボラピット40単位で、食後2時間で血糖値170ほど。で今朝は増やされて45単位。
それでやはり同じくらいだったので、明日の朝は48単位打つように言われています。・・・・』  
 本当に愚かな治療法です。火に油を注ぎながら、水を撒くのですが、火の勢いは止まらないのです!!
http://healthpress.jp/2017/06/post-3045.html

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 409917総訪問者数:
  • 180今日の訪問者数:
  • 203昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.