妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

宗田哲男です。

宗田哲男です。
夏井睦先生のサイトに、寄せられた小児科の先生のメールです。

赤ちゃんにとってケトン体が主要エネルギー源とすると、いろんなことが上手く説明できますと。さすが素晴らしい指摘です!

「『 宗田先生の『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』を早速拝読しました。
 
胎児から乳児期の主体となるエネルギー源は、ケトン体だったんですね。これは、全くのニューパラダイムです。

小児科医を27年してきましたが、正直、思いもよらなかった真
実です。

おそらく、ほとんどの小児科医も、ケトン体は高値を示してはいけないものという認識でしょう。

尿中にケトン体が検出されようものなら、ブドウ糖たっぷりいれて点滴するでしょうから。

もはや反射的医療行為となっています。

でも、赤ちゃんにとってケトン体が主要エネルギー源とすると、いろんなことが上手く説明できます。

現行の離乳食指導は、穀物や根菜類から開始するようになっているが、母乳やミルクの摂取量が減ってくるのにつれて、脂質摂取が減り、エネルギー源不足から、何らかの問題が発生しないか?
 
実際、離乳食が進むと、原因不明の下痢や便秘症例によく出会う。

赤ちゃんは、高脂肪の離乳食を望んでいる?

激しい夜泣きや近年増えてる自閉症スペクトラムも関係?てんかんや熱性けいれんはどうでしょうか」
http://www.wound-treatment.jp/new.htm#1124-06:00-6

462a3991a3cce3a71d39

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 410575総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:
  • 222昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.