妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

耐糖能異常とインスリン抵抗性について(3)

いまも日本の栄養学、糖尿病学の世界を席巻する、糖尿病、脂肪悪玉説。

・・・ユドキンは疫学研究や実験結果から、砂糖こそ糖尿病や肥満、高血圧、心疾患などの根本原因であると断定しました。

そして砂糖が他の炭水化物と違うのは、果糖にあると提言しました。・・・これにたいして、アメリカで、世界で、絶大な影響力を持っていたキースはすべて批判を無視し、(糖尿病は)、脂肪悪玉説を広めていきました。

・・・キースはユドキンに「砂糖に固執した狂信者」というレッテルを張り、栄養学界から排除しようとしました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 403795総訪問者数:
  • 71今日の訪問者数:
  • 267昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.