妊娠糖尿病治療に挑む!ベストセラー『ケトン体が人類を救う〜なぜ糖質制限で健康になるのか』宗田哲男著(光文社新書)これまでの糖尿病治療に激震の話題作!
新着情報

耐糖能異常とインスリン抵抗性について(2)

いまだヒムスワース(~1935年~)の信奉者もいます。

砂糖産業→砂糖擁護研究者の育成→糖尿病には砂糖が良いという歴史がわかります。

ヒムスワースは高炭水化物食を取らせた群と、低炭水化物(高脂質)食を取らせた群とで糖負荷検査を行い、低炭水化物食群で優位に血糖値が上昇したことを示しました。また、二つの群にインスリンを投与したところ、低炭水化物食群の方が血糖値の低下が少なかったことから、低炭水化物食は耐糖能障害を引き起こすと結論付けました。

・・・これをもってヒムスワースは高炭水化物食は糖尿病に保護的に働き、低炭水化物食は糖尿病を悪化させるとしました。

また、ヒムスワースは糖尿病患者の低血糖昏睡に砂糖が著効することから、糖尿病患者には砂糖は最も良い食品であり、全ての糖尿病患者に砂糖の摂取を推奨しました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

過去の投稿

書籍


◆糖質制限レシピ決定版◆
◆ベストセラー◆

ソーシャル・ネットワーク

  • twitter

宗田メディカルグループ

アクセス

ご訪問ありがとうございます!

  • 403796総訪問者数:
  • 72今日の訪問者数:
  • 267昨日の訪問者数:
PAGETOP
Copyright © 宗田哲男 ケトン体が人類を救う! All Rights Reserved.